りんごは収穫した後も呼吸し、水分を発散していますので、長く保存すると果肉成分を消耗し食味が悪くなります。 では、どうすればりんごを長期間おいしく食べられるでしょうか。 いくつかの方法をご紹介します。

まず、りんごを薄めのポリ袋に入れて密封します。それにより、りんごの生理作用を抑えることができます。 より長期保存する場合には、ポリ袋内に新聞紙を入れ、袋内の水分調整をするのが良いでしょう。

次に、りんごを保存する理想的な条件は、温度0℃前後・湿度85~90%ですが、一般的には冷蔵庫に入れます。冷蔵庫に入りきらない場合は、できるだけ温度が低く、変化の少ない場所を選んでください。

なお、早生種(つがるなど)と中生種(秋映など)は長くは保存できないので、新鮮なうちに食べてください。晩生種(サンふじ・シナノゴールドなど)は日持ちの良いりんごですが、小玉の方が若干持ちが良いようですので、大玉の物から先に召し上がることをおすすめします。なお、場所により冬期間の凍結には注意してください。